後期研修医の仕事は初期研修医とどのような違いがあるのかなどを具体的に挙げています。

研修医の求職事情〜医療求人ってどんな求人?〜
研修医の求職事情〜医療求人ってどんな求人?〜

後期研修医の仕事

後期研修医というのは初期研修を終えた、つまり2年の研修期間を終えた医師を指します。
この後期研修医の期間は3年から5年ほどだと言われていますが、指導医の管理下でなくても医療行為ができますので、初期研修とは内容の点でいくつかの違いがあります。
また職場の環境に関しても初期研修とはちがいがあり、自分で専門の科を選ぶことができます。
では実際に後期研修医として求人を探す際にどのように探すことができるのでしょうか。
初期研修と同じく、一般の求人サイトではまず探すことはできません。
それで医療求人サイトなどで仕事を探す必要があります。
医療求人サイトのなかには後期研修医可というような条件の求人がありますので、それらに応募してみると良いでしょう。
後期研修医は初期研修医と比べて経験もありますし、また経験を積んだ医師よりも安い給料で雇うことができますので、多くの医療機関などでは人気があるとも言われています。
この後期研修医の給料ですが、平均では大体700万〜1000万ともいわれています。
ちなみに民間病院でも、国公立病院でも大体が同じだといわれています。
また後期研修医の特徴は初期研修医とは違いアルバイトができるという点です。
それで、夜勤の当直などでさらに稼いでいる後期研修医もいらっしゃいます。
しかし多くの場合、後期研修医は研究や練習などがありますので、なかなか時間がないともいわれています。
より多くの事を学ぶことができる研修先を探すと良いでしょう。

Copyright 2017 研修医の求職事情〜医療求人ってどんな求人?〜 All Rights Reserved.